イノベーション・マネジメント専攻HOMEへ
法政大学1年制ビジネススクール  
イノベーション・マネジメント研究科イノベーション・マネジメント専攻  
HOSEI University Graduate School HOME
CLOSE
 
【法政大学ビジネススクール IMセミナー】
  第7弾  
  「これからのIT社会のビジネス・イノベーション戦略」

「市場創造〜マクロミルの起業と一部上場までの軌跡」
 
  終了しました。  
 
 法政大学ビジネススクールイノベーション・マネジメント専攻(専門職大学院)は、2010年度4月入学を考えている方に対して、2人の教員による模擬授業を下記の二つのテーマで講演します。本専攻で開講している授業を体験できるよい機会ですので、ご関心をお持ちの方は、ふるってご参加ください。
   
 
 
 
日時 2010年1月30日(土曜) 13時30分から16時00分
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス
新一口坂校舎 経営大学院1階101教室
参加費 無料
申込み方法 電子メールで件名「1/30のIMセミナー希望」とし、
 (1) お名前 (フリガナ)
 (2) 勤務先かご自宅住所
 (3) 電話番号
を明記のうえ申込みください。
問い合わせ 専門職大学院課
E-mail innovation@hosei.ac.jp

<プログラム>

13:30 - 13:40 主催者挨拶
村上 健一郎(イノベーション・マネジメント研究科教授)
13:40 - 14:25

「これからのIT社会のビジネス・イノベーション戦略」
  20世紀の「物質文明」は終焉した。安くて優れた製品を出しさえすれば、2ケタ成長ができた
 時代は終わった。インターネットの進展に伴い、顧客は生産者以上に情報を持つようになり、供
 給者主導型経済から消費者主導型経済へと構造変化している。イノベーションに対する発想の
 転換が必要だ。消費者は、製品そのよりも、それから得られる経験を通じて自ら価値を創造す
 ることを求めている。デマンドサイドに深く入り込んで、「個客価値を創造」するビジネスモデル・
 イノベーション戦略についてお話しする。
岡本 吉晴 (イノベーション・マネジメント研究科教授)

14:25 - 15:10

「市場創造〜マクロミルの起業と一部上場までの軌跡」
  新しいビジネス・サービスをいかに考え、起業に結びつけたのか?
 マクロミルの起業と一部上場までの軌跡について、実際の経験をもとに解説する。
 その上で「ベンチャー企業のスタートアップフェイズと持続的成長フェイズの違い」や「上場
 の実際とメリット・デメリット」に関しても触れ、真に大学院で学ぶべきポイントを挙げる。
杉本 哲哉 株式会社マクロミル 代表取締役会長兼社長
        (イノベーション・マネジメント研究科客員教授)

15:10 - 15:20 修了生から
15:20 - 16:00 施設見学・入試直前進学相談会
「イノベーション・マネジメント専攻のご説明」
    岡本 吉晴 (イノベーション・マネジメント研究科教授)
    嶋口 充輝 (イノベーション・マネジメント研究科教授)
    杉本 哲哉 (イノベーション・マネジメント研究科教授)
    久保田 章市 (イノベーション・マネジメント研究科教授)
    辻本 将晴 (イノベーション・マネジメント研究科准教授)
    村上 健一郎 (イノベーション・マネジメント研究科教授)
   
 
     
   
  Copy Right 法政大学へ