CLOSE
 
氏名 関口 和一
関口 和一
生年 1959年
現職 日本経済新聞社論説委員兼編集委員
法政大学大学院イノベイーション・マネジメント研究科客員教授
国際大学グローコム客員教授、早稲田大学、明治大学非常勤講師
   
職歴
1982年日本経済新聞社入社、編集局流通経済部配属。1988-89年米ハーバード大学国際問題研究所フルブライト客員研究員。1989-90年英文日経(現Nikkei Weekly)マクロ経済担当キャップ。1990-94年日経ワシントン支局特派員。1994-95年東京本社編集局産業部電機担当キャップ。1995年日経産業新聞「サイバースペース革命」企画担当キャップ。1996年から産業部編集委員。1997年から日経サテライトニュース(現日経CNBC)キャスター、早稲田大学メディアネットワークセンター非常勤講師を兼務。1998年から明治大学経営学部非常勤講師を兼務。2000年から日本経済新聞社編集委員兼論説委員。2006年から法政大学大学院客員教授、2008年から国際大学グローコム客員教授を兼務。NHK英語国際放送「Nikkei Japan Report」のコメンテーターも務める。
研究歴
米ハーバード大学で日米の知的所有権問題について研究した後、英文記者として日本の政治経済、産業分野の記事を海外に発信。ワシントン特派員時代には日米の通商、運輸・通信・エネルギーなどの米国の産業政策、独禁政策などを取材・報道した。インターネットの普及を契機に15年以上にわたり世界の最新の情報通信分野の動きを精力的に取材し、特集記事や本などにまとめた。また日本経済新聞社主催の「世界経営者会議」「世界ICTサミット」などの企画運営・コーディネーターなどを担当する一方、総務省や経済産業省、文部科学省などの政府委員も務める。
専門誌編集、学会
日本情報処理開発協会「情報化白書」編纂委員(1998-2004年)
社会的活動
1997年郵政省国際戦略問題研究会委員、科学技術庁科学技術戦略検討会委員。1998年通産省産業構造審議会・知的財産政策部会委員、通産省超先端電子技術開発促進事業評価委員会委員。1999年文化庁著作権審議会(現文化審議会著作権分科会)専門委員。2002年国土交通省ITS基本戦略検討会委員、総務省IT化戦略研究会委員、経産省情報家電ブロードバンドIT戦略研究会委員、社会経済生産性本部情報化推進国民会議委員。2003年総務省分権化社会地方行政組織運営刷新研究会委員、総務省携帯電話ナンバーポータビリティ研究会委員、経産省スピンオフ研究会委員。2004年総務省携帯電話周波数有効活用検討会委員、総務省電子政府・自治体有識者懇談会委員、総務省全国均衡ブロードバンド基盤整備研究会委員。2005年内閣情報セキュリティ文化専門委員会委員。2007年総務省ICT国際競争力会議専門委員。2009年総務省ICT政策タスクフォース委員。2009年国立国会図書館納本制度審議会委員。2010年文部科学省学校教育情報化懇談会委員。
受賞
第1回日米学生論文コンクール(主催読売新聞社)最優秀賞受賞
著作
著書に「パソコン革命の旗手たち」(2000年日本経済新聞社)「情報探索術」(2006年同)、共著に「未来を創る情報通信政策」(2010年NTT出版)「著作権の基礎知識」(1984年宣伝会議)「FCビジネス成長の条件」(1987年日本経済新聞社)「サイバースペース革命」(1996年同)「サイバービジネス最前線」(1997年同)など。論文に「Intellectual Property Trade in US-Japan Relations」(1989年ハーバード大学)
学歴
1982年一橋大学法学部卒業
  Copy Right HOSEIロゴ