カリキュラム概要

1.カリキュラム体系と修了所要単位数

本専攻に所定の期間在学し、以下の要件を満たして全体で48単位以上取得することで学位が付与されます。

 MBA特別プログラムの修了要件はこちら

科目群 修了所要単位数 内容
基礎科目 12 単位以上 「プロジェクト」の立案や基本的問題の把握に必要となる基礎知識の獲得を主たる目的とする科目です。
専門科目 <経営管理修士>を取得する場合、経営管理修士専門科目(共通選択科目を含む)より12単位以上、<経営情報修士>を取得する場合、経営情報修士専門科目(共通選択科目を含む)より12単位以上 「プロジェクト」の具体的展開のため、より高度な知識の修得を目的として設定される科目です。
応用科目 12 単位以上

必修科目の「プロジェクト」では、大学院生の目指す新事業のビジネス・プランやビジネス・モデルの策定、イノベーションを起こすために必要な諸問題の解決に 向けて、教員が必要な知識や方法論を個別に指導します。「プロジェクト」以外の応用科目は、以下のものがあり、取得する学位によって選択必修です。

「ビジネスイノベータ育成セミナー」「ビジネスリーダー育成セミナーⅠ,Ⅱ」は、 育成する人材像に対応して高い実績のある講師陣により最先端の実務的なテーマを議論する科目です。

合計 48 単位以上  

※)グローバルMBAプログラム科目、法政大学経営学専攻(夜間)、キャリアデザイン学専攻、政策創造専攻の科目を10単位まで、 修了要件 として修得することが出来ます。

2016年度の開講科目はこちら

2016年度の時間割はこちら

2.履修モデルとしてのプログラム

履修科目の選択は、基本的に大学院生が自由に行うことが出来ます。当ビジネススクールで育成する人材の大分類として「ビジネスイノベータ」「次世代ビジネスリーダー」「経営コンサルタント」「経営情報プロフェッショナ ル」を掲げ、「ビジネスイノベータ」の具体像として、「アントレプレナー」と「新規事業リーダー」を、「次世代ビジネスリーダー」の具体像として「経営幹 部」「後継経営者」を、「経営コンサルタント」の具体像として、「中小企業診断士」と「経営コンサルタント」を明示しました。その上で、これら8つの育成 する人材毎に、必要とする専門知識について、8つの専門分野「経営戦略」「人材・組織」「マーケティング」「ビジネス・プロセス」「ビジネスIT」「情報 技術」「財務・会計・ガバナンス」「ビジネススキル」の相対的な重み付けを示すとともに、履修モデルとして推奨する科目を示しました。