【法政大学経営大学院 IMオープンキャンパス第3弾】

「イノベーション戦略」

「働き方改革は、本当に『改革』になるのか?-長時間労働とイノベーションの関係を考える」

法政大学経営大学院 イノベーション・マネジメント専攻(専門職大学院)は、2020年4月入学を考えている方に対して、専任教員による模擬授業を下記のテーマで講演します。本専攻で開講している授業を体験できるよい機会ですので、ご関心をお持ちの方はご参加ください。

日時

2019年10月27日(日) 13時30分から16時30分  (13時00分 受付開始)

場所 法政大学市ヶ谷キャンパス
新一口坂校舎経営大学院101教室
参加費 無料
申込み方法

下記登録フォームに必要事項を入力の上、送信ボタンをクリックして下さい。

問い合わせ 専門職大学院課
E-mail innovation@hosei.ac.jp

<プログラム>

13:30 - 13:45
主催者挨拶、イノベーション・マネジメント専攻の説明 
 
村上 健一郎(イノベーション・マネジメント研究科教授)
 
13:50 - 14:20
講演 「イノベーション戦略」
概要:イノベ-ションの創出には様々な不確実性があるため、高度な戦略的マネジメントが
必要不可欠です。国内外の具体的な先進事例あるいは失敗事例を通じて、戦略的マネジメントの
重要性と具体的な方法論を紹介いたします。
14:20 - 14:50
講演:「働き方改革は、本当に『改革』になるのか?-長時間労働とイノベーションの関係を
    考える」
概要: 政府は、「働き方改革」を政策の目玉に掲げ、法改正も含めて、私たちの働き方に変化をもたらそうとしています。働く者にとっては好ましい政策のように見えますが、これが本当に働き方の改革になるのか、疑問が残る部分もあります。今回の模擬授業では、働き方改革の内容を検討し、どうすればイノベーションを起こせる働き方を実現できるのかを考えます。
 
15:00 - 15:30 在学生によるIMでの学び方・院生生活の説明
15:40 - 16:30 施設見学会・進学相談会(304教室)
•  村上 健一郎(イノベーション・マネジメント研究科教授)
•  藤村 博之(イノベーション・マネジメント研究科教授)
•  玄場 公規(イノベーション・マネジメント研究科教授)