基本コンセプト

  1. 設立目的
  2. 三大特徴
  3. 法政大学ビジネススクールの役割と使命
  4. 育成する人材のスペクトラム
  5. 専門職大学院としてのビジネススクールとイノベーション・マネジメント専攻
  6. 育成する人材像を実現するカリキュラム
  7. 当専攻を魅力的なものにするための施策

1. 設立目的

法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科イノベーション・マネジメント専攻は、専門職大学院として、2004年 4月に開校したビジネススクールです。わが国の高度職業人教育に10年以上の伝統を持つ法政大学は、昨今の社会・経済の環境変化に鑑み、わが国にこれまで 存在しなかった新しい職業人教育の形を創造することにしました。 「イノベーション」という名の大学院にした理由は、現在の日本企業で最も必要としている人材が、イノベーションを起こしていける人材だからです。21世紀 の世界は、知識基盤社会になります。わが国でも、既存の価値観が新しい価値観に取って代わられる場面が、いたるところで見られます。旧来の秩序を維持して いくだけでは企業の価値を守ることができない時代になり、常に新しいものに挑戦し、イノベーションを起こしていく企業が生き残っていけるのです。 更に、これからの情報化社会でのビジネスのイノベーションのためには情報技術(IT)の知識が不可欠であるという考えで、経営へのITの活用を理解し、価 値の高い企業経営を実現できる高い能力の人材を育てることも大きな特徴として設立しました。

2. 三大特徴

設立目的の達成のために、次の3つの特徴を基本としています。

(1) 1年制ビジネススクール、1.5年制と2年制ビジネススクールの併設

ビジネスのIT化、グローバル化、スピード化が求められる現在、欧米のビジネススクールの主流は1年制になってきていま す。それに対して、日本のビジネススクールは、ほとんどが夜間を中心とした2年制です。会社を辞めてキャリアアップを目指す方や企業派遣の方にとっては、 大きな費用は機会費用であり、2年もビジネスの現場から離れるのは、ロスも大きくなりますので、社会人のエンプロイアビリティを高める1年制が求められる ものです。また、仕事を持ちながらビジネスの実力を高めたい方にとっては、1年目にじっくりとビジネスの基本と専門性を身につけ、2年目に新規ビジネスや 経営管理のイノベーション・プランを練り上げ、ビジネスのプロフェッショナルとしての実践力をつけるのも魅力的です。この大学院は、1年制を主体にし、2 年制も併設したビジネススクール(昼夜・土曜日開講)であることが一番の特徴です。2015年9月に開設した1.5年制グローバルMBAプログラムは英語で授業を行いますが、日本語の授業も受講できるバイリンガルプログラムを行っています。

(2) ビジネス・イノベータの育成

これからの「知識基盤社会」では、個人のイノベーションが一人一人に強く要求されます。リスクを計算しながら、大胆な発想 と行動力によってビジネスのイノベーションを果たせる、新の意味での「企業家」を育むことが、我々の目標です。特に、高度情報化が進む中で、成功している 伝統的企業、新規ビジネス部門、ベンチャー企業は、どこを見てもCEOとCIOがうまくコラボレーションし、的確に顧客・取引先・社員へのバリュープロポ ジションができているところです。いま決定的に不足しているのは、ビジネスとITの両方がわかっている人材です。この大学院は、「ビジネスへのITの戦略 的活用」に厚いカリキュラムを特色としております。ビジネスと経営とITをどう戦略的に結びつければいいのかについて教えてくれる大学院は、今まで、日本 にはなかったのではないでしょうか?

(3) 「プロジェクト」による革新的なビジネス構想力の養成

現実のビジネスでは、課題や新規事業に対して革新的な構想を構築できる能力が求められます。「プロジェクト」は、一般の大 学院における修士論文に相当するもので、担当教授の指導の下で、机上の空論ではなく、現実のビジネス課題を解決するイノベーティブなビジネス・モデルの構 築を行います。この「Project-based learning」を通じて、ビジネスにおける具体的な問題を複合的な視点で検討し、それを解決する革新的な事業の概念を構想し、それを実現する計画を立 案・構築する能力を養うことになるのです。
修了前に、アドバイザリーの客員教授もいれて、ビジネスプラン・コンテストを行い、上位入賞者には、奨学金の形で賞金が与えられます。ビジネスを立ち上げ たい成績優秀者には、修了後1年間、インキュベーションのための部屋を無償で貸与する制度もあります。

3. 法政大学ビジネススクールの役割と使命

日本企業は、長い低迷期からやっと抜け出てきましたが、世界にプレゼンスを示す躍動感あふれる状態にはほど遠いと言わざる をえません。その原因の一つは、「イノベーションを実行していく人材」が不足していることにあります。リスクを計算しながら、大胆な発想と行動力によって 革新を果たせる、真の意味での「企業家」を育むことが、我々の目標です。この目標に向かって、当ビジネススクールが使命と考えるものは、以下の通りです。

(1) 新市場・新規事業を創造する企業家の育成

新しいビジネスは、異質な企業のコラボレーションからも生まれてくる。様々な企業をネットワーク化し、それぞれが持つ知恵 やノウハウを有機的に結びつけることによって、新しい市場を作り上げることが可能になる。情報技術を上手に利用し、低コストで多大な成果を生み出す仕掛け を考案し、実行に移していく人材を育成します。

(2) ビジネスと情報技術を有機的に結びつけてビジネスの変革を推進する人材の育成

ビジネスで果たしている情報技術の役割を認識し、その可能性と限界を熟知した上で、新規事業を企画・立案し、その実現のために周囲の人々を巻き込みながら仕事をする積極的な人材を養成します。

(3) 日本企業の真の強さを理解し、それを概念化して、他国の人々に伝え、かつ実践できる人材の育成

日本企業の本当の強さは、エンジニアと現場のコラボレーションにあります。大学や大学院で教育を受けたエンジニアたちが、 現場で長く経験を積んだ人々と日常的に協力して働き、現場の知恵を理論に結びつけ、より高い生産性を実現してきました。この特徴を正しく理解し、他国の 人々にもわかるように概念化して示す能力を持った人材が必要です。

(4) 日本のビジネス教育を外国人、特にアジアの人々に提供する

多国籍化した日本企業が海外で雇用している外国人に、日本企業の真の強さを理解してもらうことも重要です。主にアジア(特に中国・韓国など)の留学生を対象として、日本企業の現地法人の中核を担う人材を養成します

4. 育成する人材像

法政大学ビジネススクール イノベーション・マネジメント専攻が育成する人材は、「自立型ビジネス・イノベータ」です。その育成のために、現在のIT社会における先端を知り、事業を構想する見識を養い、ビジネスを実践する基盤的な能力を身に付けてもらいます。
我々の役割と使命を踏まえて、育成する人材を以下のように考えています。

(1) ビジネスイノベータ i アントレプレナー
ii 新規事業リーダー
(2) 次世代ビジネスリーダー i 後継経営者
ii 経営幹部
(3) 経営コンサルタント i 中小企業診断士
ii 経営コンサルタント
(4) 経営情報プロフェッショナル i 経営情報責任者
ii IT経営コンサルタント

5. 専門職大学院としてのビジネススクールとイノベーション・マネジメント専攻

専門職大学院としてのビジネススクールというポジションを踏まえて、我々がイノベーション・マネジメント専攻で育成する人材をどのように考えるかということについて述べます。

(1) 専門職大学院へのニーズ

現在は、社会が複雑化し、IT化・グローバル化が進み、ビジネスのスピードが求められる中で、国としても個々の企業として も、ビジネスの国際競争力の強化が急務になってきています。そのための高度専門職業人の必要性が企業で高まっており、平成15年度に、大学設置基準等の法 律が改正され、専門職大学院設置基準が制定されました。

わが国の従来の大学院は、学術的専門分野それぞれの領域を深める「研究者養成」機関 でした。急速に変化する先端の「ビジネス領域における知」は実務の中にあります。ビジネスにおける現実の問題は、単一の学術的専門分野では解決できないも のがほとんどです。しかしながら、学問分野が縦割りになり過ぎ、確立した専門分野のみでは、現実世界の問題を解決できません。そこで、実務の世界の課題に 対して、「複合的視点」で展開できる「高度専門職業人(プロフェッショナル)を養成」する専門職大学院(プロフェッショナル・スクール)必要性が企業で高 まっています。

以上のような背景から、専門職大学院としてのビジネススクールの要件は、次の2点であると考えます。

  •   学術研究的から「専門職実務的」へ
  •   単一専門分野展開から「学際的・複合的分野展開」へ
イノベーション・マネジメント専攻で育成する能力

(2) イノベーション・マネジメント専攻で育成する能力

イノベーション・マネジメント専攻で育成する能力 Technicak Skill

技術と社会の先端領域を知り、今の自分を意味付ける力。

Human Skill

豊かな教養、的確な世界観・歴史観に基づき、さまざまな事象を吟味
する力と、構想を形成するための見識やリーダーシップ。人間力。

Conceptual Skill

ビジネスにおいてさまざまなツールを使いこなす能力や、
プロの思考法・表現力・概念構築法。

「知識基盤社会」が到来し、ビジネスの世界では、個人のイノベー ションが強く要求されるようになっています。イノベーション・ マネジメント(IM)専攻は、現実のビジネス課題に対して、複合的 な視点で解決する「真のプロフェッショナル」の育成を目的にして います。  「マネジメント」と「ITの戦略的活用」の習得を図るためのカリ キュラムを導入。さらに修士論文に代わり「プロジェクト」という 必修科目を設けています。これはイノベーティブなコンセプトの 構築ができる能力を育むものです。このほか教員や院生が白熱し た議論を行うワークショップ型の講義も数多く取り入れ、「気づき」 の機会やこれまで出会ったことがない視点による物の見方に触発 される機会をビジネススクールとして設けています。

1年もしくは2年という短い期間で成果を上げるためには、「今 の自分に足りないものは何か」を知り、「だから今、これを学ぶ」と いう明確な目的意識を持つことが重要です。IM専攻は、その独自 の教育によってビジネスで必要とされるスキルの習得を目指すみ なさんをバックアップします。

6. 育成する人材像を実現するカリキュラム   カリキュラムへ

7. 当専攻を魅力的なものにするための施策

(1) 入学時にキャリア開発の設計図を描きます

ほとんど学生は、何年かの職業経験を持っており、より高度な専門的能力を取得して、キャリアアップすることを目的として入 学してきています。そこで、入学後まずキャリアマネジメントのプログラムを受けもらい、自らのキャリア開発の中でこの大学院をどう位置づけるかをカウンセ リングするサービスを提供しています。短い期間で成果を上げるには、「いまの自分はこのような能力を持っているが、これから始めようとしている事業を考え るとこの部分が足りない。だから、いまここでこれを学ぶ」という目的意識をしっかりと持ってもらうことにしています。

(2) 新ビジネスを世に送り出すインキュベーション機能を用意しています

特に優れたプロジェクトを作成したグループまたは個人が、本専攻委員会の選考を経て一年間無償でインキュベーション施設を利用できます。

(3) プロジェクトに対して、ベンチャー経営者やキャピタリストからコメントをもらう場があります

「プロジェクト」の発表に際して、大企業やベンチャー企業の経営者やベンチャー・キャピタリストを呼んで、さまざまな意見を述べていただきます。机上の空論ではなく、現実に実行できるプロジェクトの作成を目指すのです。

(4) ヒューマン・ネットワーク構築 同窓会以上のヒューマン・ネットワークができる

知識・スキルを習得す るだけでなく、人脈づくりができるのもビ ジネススクールの大きな魅力です。ビジネススクールは、自分とは 異なる業界で活躍する人や企業経営者が学生として集まる場所。 今までとは異なる新たなヒューマン・ネットワークを構築することが 可能です。さらに学術分野、実務分野で実績を上げる教員との出 会いも大きな財産になることでしょう。ビジネスに役立つ新たなヒ ューマン・ネットワークを、ぜひIM専攻で作ってください。

修了生ネットワークはこちら