IM総研について

法政大学イノベーション・マネジメント・総合研究所(以下、「IM総研」)は、法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント研究科イノベーション・マネジメント専攻(以下、IM専攻)の専任教員が、社会的要請の高い学問分野での学際的共同研究を推進し,本学の自主的研究活動及び新しい教育研究分野の開拓に資することを目的とする。

事業内容

  1. 研究及び調査
  2. 研究及び調査の成果の公表
  3. 研究会,セミナー,シンポジウム,寄付講座等の企画及び開催
  4. 大学院学生の研究支援
  5. その他の研究活動

組織概要

名称     法政大学イノベーション・マネジメント総合研究所
設立年     2010年
本社所在地     東京都千代田区九段北3-3-9 新一口坂校舎
IM総研組織図

概念

IM専攻の役割
IM総研の事業運営は、IM専攻と密接に連携して行う。研究員および特任研究員の任命および事業の選定ならびに予算に関連する事項は、IM専攻の専攻委員会の審議事項とする。事業の遂行状況は同委員会へ報告する。また、倫理規定を定め、それを遵守する。

修了生の位置づけ
IM総研では、修了生の中で特任研究員と推薦された者は、教員の指導のもとでコンサルティング案件を企業等からの受託研究または共同研究として行なうことが可能である。IM専攻との関係を明確に示すことにより、信用力の一つとして提示することで、修了生を支援する。 IM総研概念図