徳山誠客員教授の寄稿記事が労働者学習センター発行の月刊『ひろばユニオン』8月号に掲載されました。


今回のテーマは「企業不祥事と労働組合」で、労働組合が企業に対し、「毅然とした態度で建議し提言する勇気」を持って経営チェック機能を果たすために、 いまの労組(企業別労組)の何が問題で、それをどう克服したらいいかを問題提起する内容です。

掲載誌はこちら