本研究科・豊田裕貴教授が、月刊誌『日経情報ストラテジー』とWEBサイト『ITPRO』の連動企画にて、「『次の一手』の効果を評価するビジネス分析術」の連載されています。この連載は、誌面とWEBサイトとを連動させたメディアミックス企画です。ビジネスの現場で講じているビジネスの戦術が果たして有効なのかどうかを、データ分析で見極める手法を紹介していきます。

第2回目は、雑誌2017年3月号では「平均値の差の有無を統計で判断 「差がある」 と分かったあとも大事」 」、WEBでは、その分析手順をExcelで行う方法を解説した「新商品と現行商品の評価テスト、平均値だけ比べてもダメ」です。ぜひご一読ください。

リンクはこちら: 雑誌:日経情報ストラテジー2月号WEB:ITPRO