研究科生の日々レポート vol.2 ~プロジェクトマネジメント学会で論文発表~

プロジェクトマネジメント学会2019年度秋季研究発表大会で4名の研究科生が論文発表しました。

2019年8月29日(木), 30日(金)の二日間にわたり、札幌においてプロジェクトマネジメント学会2019年度秋季研究発表大会」が行われました。https://www.spm-hq.jp/committee/2019autumn/
 本学から4人の研究科生と山戸昭三教授が以下のテーマで論文発表を行いました。
 会場からは大学や企業の方々から、さまざまな質問があり、熱心に回答し、その後の名刺交換など和やかな交流が行われました。

なお、プロジェクトマネジメント学会は、日本学術会議第19期登録学術団体第3部(経営学)第5部(工学)です。

<発表者>     <テーマ>

太田雅一

 データセンター移転におけるプロジェクトマネジメントのノウハウ

久保雅之

 文化のことなる新興国のプロジェクトマネジメント

南村恵三

 ハーマン理論とSL 理論に基づく学習モデル

福田大真

 IT 成熟度の評価方法および評価訓練手法の研究

山戸昭三

 「IT 経営を推進するための授業プロジェクト」の企画と実践および評価

研究科生 発表の様子

.

*「研究科生の日々レポート」について 

   本研究科へ興味をお持ちの方に、より入学後のイメージを持っていただけるよう、
   主に学業に関わるイベントを不定期でご紹介していきます。