[氏名]上原 修 大阪市出身 1950年生



[現職]特定非営利活動法人日本サプライマネジメント協会 TM 代表理事



[学生へのメッセージ]

海外含む様々な大学、大学院、ビジネススクールでグローバルサプライチェーン経営を講義している。本経営科目は国内では依然としてマイナーな科目ではあるが、グローバルな視点で見ると非常に範囲が広く、また深いものである。日本の経営者は、この点に気づいていないことが多く、海外経営では後手となり、各国で苦心しているのが実態である。基本を確実に把握し、事例研究を通して実務に応用が利く人材になることを希望する。

[専門分野]グローバルサプライマネジメント

[担当科目]サプライチェーンマネジメント



[主な経歴]

大学卒業、仏政府留学終了後、日本鉱業株式会社(現:JXホールディングス株式会社)にて購買部に勤務、コンゴ鉱工業開発会社資材マネジャー、本社購買部国際購買担当部長、米国ニューヨーク事務所長歴任。米国系電子調達企業にて常務執行役員・購買本部長を経て、米サプライマネジメント協会(ISM)日本代表に就任、現在に至る。

73年4月 日本鉱業(株)入社。

75年 仏ブザンソン大学・社費留学

82年 同社コンゴ鉱工業開発(株)出向現地ムソシ鉱山駐在

91年 同社ニューヨーク事務所長・General Manager支店長

95年 同社本社購買部・国際購買担当部長

01年4月(株)アルファパーチェス常務執行役員・購買本部長

02年4月 米アリゾナ州立大学CAPS Research日本代表・主席研究員

03年4月 特定非営利活動法人日本サプライマネジメント協会 TM 理事長

04年1月 仏パリ商科大学院ESSECビジネススクール講師

07年8月 法政大学大学院MBA特別講義「調達業務マネジメント」兼任講師

09年1月 仏リヨン経営大学院Ecole de Management Lyon

10年1月 内閣府行政刷新会議公共サービス改革アドバイザー

12年1月 文部科学省独立行政法人コスト検討委員

12年3月 フランスESSECグランゼコール・エグゼクティブコース特任教授

12年4月 流通経済大学・流通情報学部:災害ロジスティクス論 講師

13年6月 財務省会計センター 本省研修所 講師

14年1月 国際石油交流センター 特別講師

14年2月 東京工業大学大学院MOTサプライチェーン戦略スクール講師

14年4月 スイスByAction Learning 企業研修スクール 名誉教授

15年1月 仏系経営コンサルタント会社・シニアアドバイザー



[主な研究業績/社会的活動]



[研究歴]

– 戦略購買研究会CAPSジャパン代表としてサプライマネジメント・戦略購買に関して産業人を組織し研究会主宰
– 一般財団法人機械振興協会 経済研究所「グローバルなモノづくりにおける機械関連企業のグリーン調達に関する調査研究」委員長
– 経済産業省/製造産業局・「ものづくり白書」平成17年度「わが国製造業におけるSCM及びBCPの実態に関する調査研究」委員長
– 日本経営倫理学会CSR研究会にて地域社会貢献研究会
– グローバル調達経営におけるベストプラクティス精読研究会

《コンサルティング アドバイス業務》

– 内閣府行政刷新会議公共調達改革アドバイザー
– 文部科学省・独立行政法人海洋研究開発機構 調達コスト検討会委員
– 経済産業省「ものづくり白書」事業継続計画(BCP)委員長
– サプライチェーンカウンシル(SCOR)・アドバイザー



[社会的な活動]

– 法政大学エクステンションカレッジ講師(非常勤)(04年-06年)
– NHK文化センター講師(03年-05年)
– 府中市日本語ボランチア講師(03年-05年)
– 日仏経済交流会理事(02-07年)
– 南部アフリカ経済懇話会(00年-07年)
– 日本観光通訳協会(98年-05年)
– 世界の医療団(97年-07年)寄付貢献
– 日本観光通訳協会(86年-05年)通訳業務社会貢献
– フランス購買経済誌「La Lettre des Achats」編集協力(08年以降)



[所属学会・団体]

– 米サプライマネジメント協会
– CAPS(購買戦略)日本研究会
– 環境経営学会
– BCI(事業継続協会)日本支部
– 日本物流学会
– 日本生産管理学会
– 日本南アジア学会
– 日仏経営学会



[資格・表彰]

国土交通省 通訳案内業免許

米国認定グローバル購買資格 (CPSM: Certified Professional in Supply Management)

米サプライマネジメント協会よりAffiliate Award受賞(2012,2014年)