[氏名] 木戸 茂 (Kido, Shigeru)

1947 年大阪市生まれ



[現職]法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科兼任講師



[学生へのメッセージ]

社会的に意義のある研究や事業化のテーマを持つ方にアドバイスをしたい。

指導方針

情熱と感性を出発点とする「科学的」アプローチと真摯な取り組みが基本方針。

・ 事業化の企画、検討の際のスパーリング・パートナーとして、ゼミ生の皆さん

の「創造性」を刺激することを指導の目標としている。

過去のゼミ生の研究テーマ

障害者就業支援ビジネス、リサーチ型新製品(サービス)開発。地域発電ビジネス、 食卓弱者の食生活 支援ビジネス、 新しい高級中古車の国際流通 ビジネス、「買いにくさの軽減」を基本コンセプトとしたリ・デザイン支援ビジネス。

[専門分野] マーケティング・マネジメント

・ブランド管理論

・マーケティング・リサーチ論

・広告管理論

・市場戦略論

・消費者行動モデル論

・マーケティング工学

[担当科目]

・ビジネス統計基礎(マーケティング・リサーチ論)

・広告コミュニケーション(広告管理論)

・市場戦略論(戦略的ブランド・マーケティング論)

・マーケティング基礎

[研究室(階と番号)] 4F 共同研究室2号

[メールアドレス] kido.shigeru@nifty.com



[主な経歴]

法政大学大学院経営学研究科客員教授

同志社大学大学院ビジネス研究科嘱託講師

法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授

(株)ビデオリサーチ・常務取締役(市場調査会社)

市場調査部門で調査の実施、企画、営業の各実務を経験。

・システム開発部門では視聴率・広告統計に関するサービス・システムの開発。

・研究開発部門ではブランドを軸としたマーケティング・モデル及び広告計画支援システムの開発。

役員としては数多くの新規事業、海外事業、合弁事業の立ち上げに参画。
・ ネット・リサーチ会社(現:VR インタラクティブ)、食卓パネル調査会社(現:ライフスケープ・マーケティング)など情報サービス企業の創業時の取締役を歴任。数多くの失敗と成功を経験した。



[主な研究テーマ及び業績]

・地域社会の幸福度と社会関係資本との関係についての実証研究

・ブランド・エクイティと広告効果の測定に関する研究

・広告計画の最適化モデルの研究

・市場戦略のシミュレーション ・モデルの研究

[最近の著作]


『広告マネジメント』、朝倉書店(2004年)。「サービスのためのマーケティング戦略の策定」、(共訳)小川孔輔・戸谷圭子 監訳『サービ ス・マーケティング入門』、法政大学出版局(2005年)。『広告効果の科学』、ビデオリサーチ編、木戸茂(著・監修)、日本経済新聞出版社(2009 年)。 『消費者行動のモデル』、朝倉書店(2014年)。

[社会的活動]

日本マーケティング・サイエンス学会(研究委員)、日本広告学会(評議員)。

[コンサルティング/アドバイス業務]

地域社会の幸福度や健康度と社会関係資本との関係についての実証研究及び、測定尺度の開発。

自転車産業の振興事業の現状調査と振興事業の開発



[所属学会・団体]

日本マーケティング・サイエンス学会、日本広告学会、日本消費者行動研究学会、 日本行動計量学会、
American Marketing Association, INFORMS。



[資格・表彰]

経営学博士(法政大学)