[氏名]杉江 衛

高知県出身、1947年生



[現職]法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科 教授



[学生へのメッセージ]

過去のテーマは、 画像メタファによるプロダクトマネジメント支援/TRIZのビジネスプロセスへの適用/太陽光発電の電力ビジネスモデル構築/地方寺院の経営支援への活用/介護ロボットの調査/中小企業向け生産管理シテム仕様 等ですが、特に分野を限ることはありません。私の方法論の特徴は、状況に応じて実測データに基づいたり新理論を展開したりして、論理的にアプローチするところにあります。テーマ及び 進め方は学生に任せ、必要なことを支援するスタイルをとります。



[専門分野]

並列計算機アーキテクチャ

並列分散システムのワークロード制御

ストレージシステム



[担当科目]

ITリテラシーとビジネス

スモールビジネスのためのシステム論



[研究室(階と番号)] 4階 研究室9



[メールアドレス] sugie@hosei.ac.jp



[主な経歴]



[学歴] 1970東京大学工学部卒業、1975工学博士(東京大学)



[職歴] 1975-84 日立製作所中央研究所研究員

1984-92 日立製作所中央研究所主任研究員

1992-99 日立製作所中央研究所部長

1999-2001 日立製作所研究開発本部企画室長

2001-2002 日立製作所システム開発研究所主管研究長

2002-2004 日立製作所中央研究所主管研究長

1982-83 米国カーネギーメロン大学客員研究員

1996-98 東北大学電気通信研究所非常勤講師

1999-2004 法政大学工学部非常勤講師

2002-2004 東京工業大学大学院非常勤講師

2007-2008 (株)Global Venture Industry Network Limited取締役

2004-2010 東京大学生産技術研究所研究員

2010-2014 東京大学生産技術研究所特任研究員



[研究/マネジメント歴]

大学では非線形光学、日立製作所では光通信用ガラスファイバ、磁気バブルメモリ・サブシステム、カーナヴィゲーション・システム、並列推論マシン、超並列スーパーコンピュータ、ストレージ・システムの研究に従事。固体物性からシステムへと研究領域を変え、広範囲の分野で仕事をしてきました。256並列の推論マシン開発を経て超並列スーパーコン開発に係わり、2048並列の世界最速(当時)のマシンを世に出せたときは感激しました(勿論、多くの人々の力を結集した結果ですが)。1982年社費留学中に手がけたカーナヴィ研究では、合成音声による指示を導入するなどして、アイディアを盛り込める先行研究の楽しさを満喫しました。本社研究開発本部では、どこにリソースを投入するべきかに悩みましたが、iDC関連の研究テーマを立ち上げたことが思い出です。研究の楽しさと製品化の産みの苦しみ、更には研究開発のマネジメントを経験できたことが私の財産です。



[主な研究業績/社会的活動]



[研究業績]

① 「 コールドキャッシュ状態にあるマルチタスクWebサーバの挙動解析 」電子情報通信学会誌、

J97-D巻、12号、2014年12月、pp.1755-1769.

② 「 コールドキャッシュ状態にあるWebサーバの挙動解析 」電子情報通信学会誌、J95-D

巻、12号、2012年12月、pp.1993-2007.

③ 「ディスクキャッシュにデータが未蓄積の初期状態サーバの挙動解析と評価」電子情

報通信学会誌、J92-D巻、11号、2009年11月、pp.1956-1973.

④ 「ストレージフュージョン:ストレージシステムとデータベース管理システムの融

合」情報処理学会誌、2008年11月、pp.1284-1289.



[社会活動]

(1)外部研究機関の研究員

①東京大学生産技術研究所特任研究員

(2)外部の委員会

①2001年9月-2009年3月(独)科学技術振興機構 戦略的創造研究(CREST) 領域アドバイザ

(3)外部の企業

①2007年1月-2008年9月(株)Global Venture Industry Network Limited 取締役



[所属学会・団体]

電子情報通信学会



[資格・表彰]

電子通信学会学術奨励賞(1980年3月)