特色

1. 日本初の1年制ビジネススクールと1.5年制、2年制ビジネススクールの併設

情報化とグローバル化が進み、ビジネスのスピードが求められる現在、短期化したビジネスの変革に対応するため、この大学院 は、日本で初めて1年制を設けました。さらに、働きながらじっくり学べる2年制も併設したビジネススクールであることが特徴の一つです。社会人にとって大 きな費用は機会費用であり、エンプロアビリティを高めるビジネススクールです。2015年9月には1.5年制を開設し、英語で日本の経営を学ぶグローバルMBAプログラムを展開しています。

2. ビジネス・イノベータの育成

これからの「知識基盤社会」では、個人のイノベーションが一人一人に強く要求されます。リスクを計算しながら、大胆な発想 と行動力によってビジネスのイノベーションを果たせる、真の意味での「企業家」を育むことが、我々の目標です。特に、高度情報化が進む中で、企業経営と IT戦略の両方を理解する人材がビジネスで最も求められています。この大学院は、「ビジネスへのITの戦略的活用」に厚いカリキュラムを特色としておりま す。

3. 「プロジェクト」による革新的なビジネス構想力の養成

現実のビジネスでは、課題や新規事業に対して革新的な構想を構築できる能力が求められます。この大学院では机上の空論では なく、現実のビジネス課題を解決するイノベーティブなビジネス・プランの構築等を修士論文に代わる成果として作成します。プロジェクト報告書の完成に向け て、基礎・専門・応用に分かれた講義科目が配置されています。また、複数の教員によって各々の学生のプロジェクトを指導する体制がとられています。

イノベーション・マネジメント(IM)専攻の教育環境

1. 入学時に教員がカウンセリングキャリア開発の設計図を描きます

短い期間で成果を上げるために、自らのキャリ ア開発の中で、IMでの学びをどう位置付けるかと いうカウンセリングを実施。自分には何が足りな いのか、何を学ぶのかを明確にします。

2. ベンチャー経営者、キャピタリストからプロジェクトに対して貴重なコメント

現実に実行できるプロジェクトの作成を目指し、 プロジェクトの発表の際には、大企業・ベンチャー 企業の経営者、ベンチャーキャピタリストを招き、 さまざまな意見を述べていただきます。

3. 新たな起業家を世に送り出すインキュベーション機能を整備

特に優れたプロジェクトを作成した個人・グルー プが事業計画を実現させるための支援として本専 攻委員会の選考を経て、修了後1年間無償でイン キュベーション施設を利用することができます。

理念・目的および教育目標

成熟化した社会においては、ビジネスにイノベーションを起こす人材を望む声は大きい。本専攻は、この社会的ニーズに応えるべく、2004 年に開校し、以来、数多くの人材を輩出している。本専攻で取得できる学位は、「経営管理修士」と「経営情報修
士」の二つ。さらに、中小企業診断士養成課程を選択すれば、同時に「中小企業診断士」の資格を得ることができる。
 なお、これらの学位ならびに資格に共通するのは、“今あるビジネスにとどまらず、さらに進んだビジネスを生み出す力(ビジネスにイノベーションを起こす力)”である。そして、これらの力をもったビジネスパーソンのことを、「ビジネス・イノベーター」と呼んでいる。
 ただし、ビジネス・イノベーターと言っても、単に起業家のみを指してはいない。
新しいビジネスを立ち上げる起業家・ベンチャーはもちろんのこと、今あるビジネスをイノベーティブなビジネスに変革する人、そして、それら新しいビジネスを大きく発展させる人の総称である。いわば、以下の3 つの力をもつビジネスパーソンを養成するのが、本専攻の目的である。

 *イノベーティブなビジネスを立ち上げる力:新たなビジネスを創造する(起業・ベンチャー)

 *イノベーティブなビジネスに変える力:既存ビジネスを変革する(事業革新、経営支援)

 *イノベーティブなビジネスを発展させる力:ビジネスを展開する(事業拡張、地域、グローバル)
 

本専攻では、単なる知識ではなく、実践知こそがビジネス・イノベーターになるためには不可欠であるとの理念から、プロジェクトメソッド(各自のビジネス課題について解決方法を実際に構築していくプログラム)を中心としたカリキュラムを展開している。
 なお、新しいビジネスを起こすためには、過去の事例や動向を踏まえておくこと、さらに、今、何か起きているかを把握し、意思決定に活用する力も不可欠である。これらは、「経営情報の活用力」に他ならない。本専攻では、過去のビジネス事例から知を得るための「ケースメソッド」ならびに、数値として記録される経営データを活用する「IT リテラシー」を身につけるカリキュラムを展開している。

アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマポリシー

アドミッション・ポリシー
   情報化とグローバル化が進む今日の社会では、経営とIT などの複合的な視野を持ち、常に新しいことに挑戦する個人や組織が強く求められている。そこで必要とされているのは、「ビジネス・イノベーションを起こす人材」である。
 なお、我々が考えるビジネス・イノベーションは新しいビジネスを立ち上げるだけではなく、既存ビジネスの革新や組織内の改革など、どんなビジネスシーンにもイノベーションを起こせる力が必要と考えている。
 これらの視点から、本専攻では、これらビジネス・イノベーションの担い手を育てるべく、社会の課題解決への興味と情熱をもった実務経験のある社会人を受け入れることをアドミッション・ポリシーとしている。


  カリキュラム・ポリシー
  イノベーション・マネジメント研究科イノベーション・マネジメント専攻では、基礎から専門・応用に至る科目を体系的に配置し、経営管理修士または経営情報修士に相応しい知識と実践的能力の育成を目指す。
 なお、新しいビジネスを起こすためには、過去の事例や動向を踏まえておくこと、さらに、今、何か起きているかを把握し、意思決定に活用する力も不可欠である。これらは、「経営情報の活用力」に他ならない。本専攻では、過去のビジネス事例から知を得るための「ケースメソッド」ならびに、数値として記録される経営データを活用する「IT リテラシー」を身につけるカリキュラムを展開している。
 さらにこれらの学びが単なる知識に留まることなく、実践知として身につけることこそがビジネス・イノベーターになるためには不可欠であるとの理念から、プロジェクトメソッド(各自のビジネス課題について解決方法を実際に構築していくプログラ
ム)を中心としたカリキュラムを展開している。


   ディプロマ・ポリシー
  イノベーション・マネジメント専攻は社会や企業の中でイノベーションを起こしていく人材の育成を目的としている。この実現を意図したカリキュラムが編成されている。基礎科目・専門科目・応用科目から所定の単位を修得した結果、イノベーティブなコンセプトの構築ができる能力にまで高められることを求める。言い換えれば企業経営における混沌とした議論や情報から「概念を抽出」し「構想を形成」し「計画を立案・構築」する能力であり、これが達成されたことに対して経営管理修士(専門職)または経営情報修士(専門職)の学位資格が与えられる。


*ディプロマ・ポリシーの内容を下記の通り細分化し、項目番号を各授業に付番しています。授業を履修することでディプロマ・ポリシーに示されたどの能力を習得出来るかをWeb シラバスでご確認ください。
DP1 :社会や企業の中でイノベーションを起こしていくための経営的専門性を備えた知識を持っている
DP2 :企業経営における混沌とした議論や情報から「概念を抽出」する論理的な分析力を持っている。
DP3 :分析結果からイノベーティブなコンセプトの構築ができる「構想を形成」する構想力を持っている
DP4 :経営的専門知識をベースに「計画を立案・構築」し課題を解決する実行力を持っている
DP5 :経営リーダーとして事業を表現する力およびコミュニケーション能力を持っている