小川孔輔教授が「(インタビューで綴る)花産業の戦後史(1945年~2020年)  Kindle版」を出版されました。

内容紹介(Amazonより):本書は、JFMA(日本フローラルマーケティング協会)の創設20周年記念誌。会長の小川孔輔(法政大学教授)が、日本の花産業を成長に導いてきた業界リーダーたちをインタビュー。会報誌に連載してきた記事を再編集して単行本化。インタビューは、カインズホームの土屋裕雅会長、花弘の細沼忠良会長から始まり、業界のトップ25人。登場する経営者は、種苗会社から生産者、花市場、仲卸、花店チェーン経営者までバラエティに富んでいる。すべてに共通のテーマは、1.各社の花事業への取組み、2.経営者としての花に対する想い、3.その他の経営談義。本書を通読することで、戦後の花産業がどのような困難を乗り越えて成長してきたのが理解できる。花産業人にとって必読の書。

出版物に関する情報はこちら