2024年6月18日

6月17日(月)、「ビジネスリーダー育成セミナーⅠ」(担当:高田朝子教授)において日本板硝子株式会社 元社長 吉川恵治 氏を迎えて「日本の経営、世界の経営」と題してわが国の衰退プロセス、そして何が必要だったのか、今後何をすればいいのかについて授業内講演とディスカッションを行いました。

同社が”小が大を飲むM&A”と言われたピルキントン社買収で、どのようなことが社内におき、何を解決しなければいけなかったのか。そして、NSGグループが設立グローバル企業となっていく中で、どのようなガバナンスが求められているのか。
グローバル化の現状とファクトをインサイダーの立場から伺うという貴重な学びの空間でした。