総長 田中 優子

総長 田中 優子法政大学専門職大学院は、中小企業に精通し、起業を見据えたアジアの経営管理修士(MBA)を育てる機構です。一般のビジネススクールは大企業志向が強い傾向がありますが、しかし現在、そしてこれからアジアに展開する多くの有力な中小企業が、日本にはあります。日本経済は極めて優れた中小企業の技術と方法で支えられているのです。イノベーション・マネジメント研究科は日本人と留学生が同じ教室で学ぶことで、日本人が世界のどこでも働けるようになり、留学生が日本でその能力を発揮できるようになるよう、プログラムを作っています。

大学の真のグローバル化とは、そこに学ぶ学生が、世界のどこにいても働くことのできる能力を育てることです。英語ができるだけでは充分とは言えません。多様な価値観を受け容れ、相手国のビジネスの方法を学ぶ意欲が必要です。すでに働いている企業で、その能力は育っていますか? もし不十分だと感じていたら、ぜひ法政大学に来て下さい。ここでは全学を挙げて、世界で働ける能力を育てようとしているのです。一緒に学びましょう。一緒に、乗り超えましょう。

イノベーション・マネジメント研究科長 小川 孔輔

Ogawa2016イノベーション・マネジメント研究科は、専門職大学院の制度が発足した2004年の開校です。革新的なアイデアでイノベーションを起こす人材を育成する「一年制大学院」としてスタートしました。二年後に2年制コースを併設し、同時に中小企業診断士とMBAの資格が取得できる「MBA特別コース」を日本で初めて開校しました。2015年からは、英語でMBAが取得できる「GMBAコース」が始まり、アジアからの留学生の受け入れを始めています。

本研究科の特徴のひとつは、教育プログラム自体がつねにイノベーションを繰り返し、日々進化を続けていることです。この先も、MBA人材育成に必要とされている特別プログラム(たとえば、「農と食の事業分野の市場開発」や「プロ運動選手のセカンドキャリア」など)を設置することを検討しています。なお、設立から12年が経過して少しずつ知名度が高まり、各コース・プログラムへの応募者が年々増加しています。たとえば、MBA特別プログラムの応募者は、初年度19名から直近入試では46名に増えています。また、二年制コースも入学者が順増加しています。

これまでも、高い実務能力を持ちながら、経営学の理論的な基礎をしっかり身につけた多くの人材を社会に送り届けてきました。卒業生は累計で500人を超え、起業家として事業を起こしたり、専門経営者として上場企業のトップに就任する卒業生も誕生しています。